堺 自転車学習 支援WEBTop >  実施状況あれこれ >  新しい教材映像を作りはじめました

堺 自転車学習について…

新しい教材映像を作りはじめました

081225_02.jpg

授業時間の短縮化と、プログラムの汎用性を高めるため、自転車学習専用の新しい映像素材作りを開始しました。プロの映像カメラマンにお願いしての撮影会、モデルの小学生たちはドキドキです。

この映像では、一時停止不履行や、危険走行などの危険性をリアルにわかってもらうことが狙い。写真の撮影シーンは並列走行を説明している模様です。業務用カメラを使い分け、車の運転手の目線(車窓)と、実際に自転車に乗っている小学生の目線を、小型のデジカメを使って別々に撮りました。

危険走行を実際に行っての撮影は、いくらウソとはいえ、クルマや人通りの少ないところで実施。それでも仕上がった映像を確認すると、やっぱり危険です。並列走行など、少し油断すれば走行中の自転車は簡単にセンターラインを超えて走っています。

傘さし運転や携帯電話を持ちながらの実験も行ってみましたが、一般走行と比べてほとんど視点が定まらず、また視線が極端に狭くなることも、リアルにわかる映像になりました。これらは現在編集中。来年2月頃には、これら素材を活用してわかりやすい教材がお目見えする予定です。(チャーリー)


関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/83

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 新しい教材映像を作りはじめました:

» Xactiをヘルメットに固定して・・・ 送信元 アウトドアをまちづくりに!
久々にムービー撮影の仕事。堺自転車学習の教材撮影です。二人乗り、携帯、傘さしな... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  実施状況あれこれ >  新しい教材映像を作りはじめました