堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  自転車3人乗り禁止が見送りとなりました

堺 自転車学習について…

自転車3人乗り禁止が見送りとなりました

IMGP1040.jpg

これまで、何度か、当ブログで取り上げてきました「交通の方法に関する教則」の改正に関して、幼児2人を前後に乗せた自転車3人乗りを禁止徹底とされてきましたが、一転して容認の方向に変わりました。

施行される直前の変更には、幼児が2人いる家庭では、自転車3人乗りは、生活の上でなくてはならないもの。禁止となれば生活に大きな支障が出るのは当たり前です。幼児が2人いる家庭のお母さん達の反発が強く、やっぱり、そうなったのかと思わざる得ない部分はあります。

幼児を2人を前後に乗せた自転車3人乗りが、禁止ではなくなりますが、この乗り方については、事故が多いのも事実です。禁止ではなくなっても事故が減るわけではないです。今後の事を考えると、転倒しづらい安全な自転車の開発も必要ですが、幼児を2人を前後に乗せた自転車3人乗りの危険性を意識した、乗り方が重要になるのではないでしょうか。(ひろ)

(朝日新聞より引用)
自転車3人乗りは禁止見送り、傘立ては危険 教則改正
 自転車事故の増加を受け30年ぶりに改正された「交通の方法に関する教則」が6月1日、施行される。母子らの「3人乗り」は禁止の方向で検討されていたが、母親らが反発、一転容認に向けて動き出した。一方、関西ではおなじみの自転車用傘立ては「危険な場合がある」と記された。業界は安全な3人乗り自転車の開発をしたり、器具に注意書きを付け加えたり、対応を急いでいる。
(引用ここまで)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/68

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  自転車3人乗り禁止が見送りとなりました