堺 自転車学習 支援WEBTop >  堺 自転車学習 活用のヒント >  理科実験で自転車を活用 自転車のブレーキは「てこ」の応用

堺 自転車学習について…

理科実験で自転車を活用 自転車のブレーキは「てこ」の応用

IMGP0352.jpg

 理科実験の話もシリーズものらしくなってきました。今日から始業式の学校も多いのではないでしょうか。5年生の理科の授業には「てこ」の勉強があります。5年生の理科に、「てこ」を実感するために、自転車のブレーキを使って授業を進めてみませんか。今回は、先生向けのお話です。

 「てこ」は力点、支点、作用点の位置関係で力の関係が変わります。「てこ」とは何でしょう。効果的に「てこ」を学び、実感するために、まず「天秤」を理解する必要があります。そして、一般的な「てこ」を解説します。その後、自分の自転車を使って、自転車のブレーキがどのように実践的な「てこ」であるのか理解する。

 自転車にはブレーキの「てこ」を始め、摩擦やバランスなど、力が加わり、動き出すたくさんの仕組みが隠されています。各自で調べて見るもの、発展学習として有効ではないでしょうか。(ひろ)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/64

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  堺 自転車学習 活用のヒント >  理科実験で自転車を活用 自転車のブレーキは「てこ」の応用