堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  自転車3人乗りに対応した自転車が各自転車メーカーから発表

堺 自転車学習について…

自転車3人乗りに対応した自転車が各自転車メーカーから発表

IMGP1039.jpg

 各自転車メーカーから教則の改定に伴い、新しい考え方の自転車が発表されています。自転車メーカーさんには、このような事態を予測されていたかのような迅速な動きが見受けられます。

 上の写真は実際に自転車3人乗りに挑戦したものです。乗ってみるとバランスが悪く、運転に恐怖を感じます。この状態で転倒すると大変です。

教則の改定によって、小さな子どもを育てている一部の方々にとって日常であった自転車3人乗りが、罰則の対象になるのであれば、利用する側からすれば一大事です。今回の自転車メーカーによる迅速な対応には、本当に頭が下がります。

 実際に自転車が発表されるのは、もう少し後になりますが、どんな自転車になるものか心待ちです。自転車と言うよりも車に近くなるのかなと想像を膨らませてしまいます。(ひろ)

●本ブログ関連記事
「自転車3人乗りが可能な自転車をデザインしてみよう!」/08.03.13掲載
「自転車3人乗り 子育て親の声を受け警察庁が検討」/08.03.11掲載
「幼児2人を前後に乗せた自転車3人乗り禁止徹底」/08.02.14掲載

(アサヒコムより引用)
ママ待望の3人乗り自転車開発 ふらつき克服へ業者全力

 法律で禁止されてきた自転車に子どもを2人乗せる「3人乗り」について、安全な自転車を開発するよう警察庁が自転車業界に依頼した。子育てママ(パパ)が子ども2人を乗せても安全な自転車は、いつごろ発売されるのか。日ごろ3人乗りで走っている親たちは何を望んでいるのか。
 ■商品仕様は業界団体で
 「警察庁の方針転換にはびっくりしたが、研究してきた成果が生かせるチャンス。うれしい」。大阪府吹田市の自転車メーカー、ランドウォーカーの担当者は、3人乗りの開発に意欲満々だ。
 会社を興してまだ5年。従来の規制の下で、3人乗りの開発に力を注いできた。後輪の両側に小さい側輪をつけた4輪タイプを考案。後部に2人分の子ども用座席を設けた型の大まかな設計を終えた。今年6月の発売を目指すという。
丸石サイクル(埼玉県吉川市)も、3人乗りの合法化方針を歓迎する。
 同社は87年、ふらつかないという意をこめた「ふらっか〜ず」という自転車を売り出した。これが、子ども乗せ用自転車として大ヒットした。特徴は、前輪を一般的な26インチより数インチ小さくし重心を下げ、子ども席の位置をハンドルの回転軸の真上近くにしたことだ。
 後輪を小さくし後ろに子を乗せるタイプも商用化しており、これと前乗せタイプを合体させることで、新たに3人乗り自転車も開発できると同社は自信をみせる。
主な商品仕様は業界団体で決めることになりそうだ。業界大手ブリヂストンサイクルは「どんな商品なら、安全上問題ないのか。大まかな決まりを警察庁と協議しながら業界でまとめる必要があるだろう」と話す。
(引用ここまで)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/61

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  自転車3人乗りに対応した自転車が各自転車メーカーから発表