堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  宅配会社も車から自転車へ

堺 自転車学習について…

宅配会社も車から自転車へ

IMGP4659.jpg

世の中の世相を表しているニュースがありましたので紹介します。宅配の風景も変わっていくかもしれません。

特に都市部では駐車違反が強化され、違法駐車が減っていくことは本当に良いことです。それに対応しての電動アシスト自転車にリアーカーを引いての配送。環境にも社会にも優しくて導入にとても賛成です。

働く自転車も、様々あります。例えば、昔からある重量車も働く自転車です。周りをよく観察すると働く自転車はたくさんあります。一度、働く自転車探しをしてみるのも良いのではないでしょうか。ここでも色んな種類の働く自転車を紹介してきたいと思います。(ひろ)

(朝日新聞より引用)
排ガスを出さないリヤカー付きの電動アシスト自転車を使った宅配にヤマト運輸(本社・東京)が取り組んでいる。市街地の環境に配慮した試みとして02年に都内で始まり、ガソリン価格上昇の影響も受けないことから、現在、全国に約800台まで増えた。
 リヤカー付き自転車は「新スリーター」と呼ばれ、約150キロの荷物を積める。狭い路地を苦にせず集配業務をこなしている。ドライバーは「駐車違反も気にせずに済むし、配送の効率も上がった」。同社では、今後も都市部を中心にガソリン車からの置き換えを進めていくという。住宅や商店が密集する大阪市生野区の集配所では2台を配備。
(引用ここまで)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/36

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 宅配会社も車から自転車へ:

» おそば屋さんの自転車は、なぜシマシマ? 送信元 堺 自転車学習 支援WEB
実はあまり見かけなくなりましたが、おそば屋さんの配達自転車にはシマシマの模様が... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  宅配会社も車から自転車へ