堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  幼児用自転車は本当に安全でしょうか?

堺 自転車学習について…

幼児用自転車は本当に安全でしょうか?

IMGP0074.jpg

 自転車を乗れるまでの練習として、補助輪付き幼児用自転車があります。販売は自転車ではなく玩具として販売されています。構造は立派な自転車ですが、3歳から4歳の幼児が初めて乗る自転車としては、ちょっとハードルが高いような気がします。保護者としては子供には自転車として渡しますし、子供も初めての自転車にふれてそれを自転車として判断するようになります。

 実際に、幼児用自転車に子供を乗せてみると、平坦なところであれば、ほとんど転倒することもなく、簡単に乗ることができます。自転車が転倒しないようにするために、なかば強引に補助輪が取り付けられています。自立しているようで実はもの凄く不安定で、斜め前方には簡単に転倒はします。将来的なことを考えると仕方がない部分はあります。ブレーキも大人さながらに同じもののため握力のない子供にはしっかりとブレーキをかけることができません。下り坂ではさながな暴走自転車かもしれません。

 さて、補助輪を外して自転車として乗るためにステップアップの補助輪付き幼児用自転車ですが、もっと安全で将来的なことを見越した幼児用自転車があっても良いと思います。みなさんは幼児が幼児用自転車に乗ることはどのように思いますか。もっと安全な自転車があっても良いとは思いませんか?(ひろ)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/34

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  幼児用自転車は本当に安全でしょうか?