堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  いたばし・としま官民協働自転車が走るまちづくり社会実験の結果

堺 自転車学習について…

いたばし・としま官民協働自転車が走るまちづくり社会実験の結果

p4_c06.jpg
写真出典:「自転車総合学習支援ツール」

東京の豊島区と板橋区で自転車専用レーンの実現可能性と安全性等の効果の検証が行われました。その結果が国土交通省のHPにありましたので紹介します。興味深い結果です。

自転車専用レーンを設置することによって、安全性が向上することは簡単に予想できます。意外な結果として放置自転車の排除に寄与したことです。内容的には告知したことによっての効果であり、専用レーンが設置したことよりもやはり知ってもらうことが大切かもしれません。

ルールを認知してもらうことができれば、もっとよりよい自転車専用レーンができるのではないのかと思います。この結果をみてどんな風に自転車が走るまちづくりを判断されますか考えてみては如何でしょうか。(ひろ)

「いたばし・としま官民協働自転車が走るまちづくり社会実験」

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/32

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  いたばし・としま官民協働自転車が走るまちづくり社会実験の結果