堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  障害者の願いを実現させた新発想の自転車

堺 自転車学習について…

障害者の願いを実現させた新発想の自転車

p4_a081.jpg
イラスト出典:「自転車総合学習支援ツール」

新しい発想の折りたたみ自転車が開発されましたので紹介します。障害者の願いを実現させた新発想の自転車です。

(中日新聞より引用)
 畳むと手押し車のように使える新発想の折り畳み自転車が、今年夏にも発売される。足が不自由な女性が手紙で寄せた「引いて歩ける自転車を」の願いをヒントに、東京のデザイナーと、牧之原市のアルミ製品会社が共同開発した。出先で駐輪場を探す手間が省けたり、車や電車への積み込みが楽になったりと利点は多く、サイクリングファンやお年寄りにも歓迎されそうだ。
 「自立して役立つ自転車になれ」との願いから「tattero(タッテロ)!」と名付けられた新製品。特徴は後輪両側の補助輪だ。畳んだ時だけ地面に接して自立し、軽々と押して歩ける。折り畳み時の高さは70センチで、体を支えるのにも良い。重量も7キロ台に抑え、既存の折り畳み自転車(10キロ前後)より扱いやすくする予定だ。
(引用ここまで)

 折りたたみ自転車はコンパクトになって便利と思うのですが、軽そうに見えて重かったり、小さくなると思って持って帰ると違ったりと実際に使ってみると一長一短の部分があり、もっと便利な折りたたみ自転車があればと何度も思ってきました。便利な道具は欲しいが自分では作ることのできない。そんな夢の自転車が開発されたことはとてもすばらしいことです。

 電車に乗るときには折りたたみ自転車といえども輪行バックに入れなければならず、結局重い荷物として運ぶしかないそんな思いを何度もしてきました。この自転車であればカバーを掛けて運ぶだけで対処できそうです。早く実車を見てみたいと思っています。(ひろ)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/29

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  障害者の願いを実現させた新発想の自転車