堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  省エネに貢献した小学校の活動がたたえられました

堺 自転車学習について…

省エネに貢献した小学校の活動がたたえられました

p4_a03_1.jpg
イラスト出典:「自転車総合学習支援ツール」

 京都府で省エネに貢献した小学校に環境教材が送られました。様々なところで環境負荷の軽減への取り組みが色々なされています。小学校の取り組みの一例を紹介します。

(以下、京都新聞より引用)
省エネ頑張った!地球に貢献 亀岡小、府から環境教材贈られる
地球温暖化防止に役立とうと、全員で電気の無駄遣い防止や買い物袋の持参活動などを進めた亀岡小(京都府亀岡市内丸町)の6年生が、夏休み中の1週間で温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を計0・7トン減らすことに成功した。府の「夏休み省エネチャレンジ」に取り組んだ成果で、府は活動をたたえ、このほど環境学習用の自転車発電教材を贈った。
省エネチャレンジは、家族で子どもたちの環境意識を高めようと、府が2003年から行っている。夏休み中の1週間、「水を出しっ放しにしない」「できるだけ冷房を使わず、使う時は28度以下にする」「自分の買い物袋を持って行く」など6項目の達成度を点数化する。
(引用はここまで)

 このところ地球規模での温暖化を警鐘する情報が多く見られるようになりました。特に氷河の映像は衝撃的です。20年前よりも確実に減そしてもの凄い早さで減少していることです。温暖化がもたらす色々な影響は見えているようで見えずに、気がつくととんでもない状況になっているのが現状です。

 小学生が取り組んだ期間は、1週間ですがその期間だけでも0.7トンのCO2の削減ができる。ほんの少しの努力をするだけで温暖化効果ガスの削減に繋がるのであればそれは大きな価値があります。ちょっとそこまでのところを車から自転車で行くことで変化が現れると教えてくれています。環境負荷を減らそうと意識を持つことが、今、一番必要なことではないでしょうか(ひろ)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/27

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  省エネに貢献した小学校の活動がたたえられました