堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  若年層の暴走自転車が増えている

堺 自転車学習について…

若年層の暴走自転車が増えている

illust2.jpg

 自転車事故のお話です。今回は福岡の記事ですが、東京でも同じように、自転車の暴走運転が増えているとの記事がありました。

(西日本新聞より引用)
 福岡市で自転車が加害者となる交通事故が急増している。警察に届けられた事故件数は2001‐06年で5.8倍に増えた。年齢層では、20歳前後が目立っており、若者による事故が全体の件数を押し上げた格好だ。「若者の暴走自転車に対する苦情が多い」(同市生活安全課)など、若者の無謀な運転が事故増の背景にあるとの見方がある。 
通行人の声を聞くと、「ヘッドホンで音楽を聞いていて、周囲の音に気付いていない」「携帯電話に気を取られてふらついている」など、事故には至らなかったが、ひやりとしたという市民の声が多く返ってきた。
(引用はここまで)

 携帯電話やポータブルプレイヤーの普及によって便利になっています。しかし、違ったところに弊害を起こしているのではいでしょうか?自転車は手軽で生活に密着をしている分、安易な気持ちで乗ることが危険を招いています。やはりマナーの低下について考えさせられます。

 便利になることはいいですが、そのおかげでマナーが悪くなるのは問題です。携帯電話やポータブルプレイヤーを使った結果として他者に対しての気遣いがなくなることが危険運転に繋がるのでしょう。周りを気遣いマナーを守った運転に心がけて欲しいと思います。(ひろ)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/24

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  ニュース自転車まちづくり >  若年層の暴走自転車が増えている