堺 自転車学習 支援WEBTop >  実施状況あれこれ >  自転車学習、導入ゲストティーチャー授業

堺 自転車学習について…

自転車学習、導入ゲストティーチャー授業

07091401.jpg

I小学校での自転車学習の授業がスタートしました。今回は自転車学習サポーターが出前授業のかたちをとって、大切な導入の部分を担当しました。
授業の到達目標は今後継続される学習のなかで“自転車について調べたい”、“学んだことを伝えたい”といったモチベーションを育むことです。

●授業の構成、ねらいについてはこちらの資料を参照ください。
授業展開案(ワード408KB)

事前の授業で抽出された「自転車の楽しかった思い出」、「自転車の恐かった思い出」をもとに、自転車のメリット、デメリットを明確にし、2面性があることを理解できたように思います。

I小学校3年生が考える“自転車の良いところ”
@スピードが出せる
Aレースなどいろいろな遊びができる
B誰にでも乗れる
C小さい、軽い、どこにでもおける
D安い。環境にやさしい(エコだ!)
“自転車の悪いところ”
@壊れていたりして、怪我をすることがある
Aこけやすい(転倒しやすい)
Bスピードが出すぎる
C交通ルールを守らなければならない
D足が疲れる
E雨が苦手   といった感じでした。

07091402.jpg

ここから、児童たちと一緒に「自転車は楽しいけど、恐いのりものでもある」というところまでは到達できたように思います。この後、児童には調べてほしい「4種類の自転車のなぞ」をシート形式で説明し、調べ学習へと連動していってもらう計画です。

ちなみに4種類のなぞとは、“@自転車に関わる交通標識の内容について”、“A学校周辺の危険箇所、事故発生箇所について”、“B危険走行とは何か”、“C自転車のマナーについて”です。Aの学校周辺の危険箇所については、掲載した地図が小さかったせいもあり、ちょっとわかりにくそうでした。これは今後修正が必要です(反省)。

この後、先生方と児童による授業が続きます。経過情報などが入手できたら、改めてこのページにてご紹介していきます。(チャーリー)

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://b-sakai.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

堺 自転車学習 支援WEBTop >  実施状況あれこれ >  自転車学習、導入ゲストティーチャー授業